極楽山阿彌陀寺

0120-80-5611 受付時間 9:00~16:00(日曜除く)

お釈迦様

0120-80-5611受付時間 9:00~16:00(日曜除く)
納骨・永代供養・墓じまいの
極楽山阿彌陀寺(ごくらくさんあみだじ)お問い合わせはお気軽に

0120-80-5611受付時間 9:00~16:00(日曜除く)

0120-80-5611受付時間 9:00~16:00(日曜除く)

           

ああああ永代供養・納骨堂について

永代納骨供養堂 聖徳地蔵大菩薩えいたいのうこつくようどう しょうとくじぞうだいぼさつ

永代供養・納骨堂について

永代供養とは

永代供養えいたいくようとはお寺、霊園が一定期間、ご遺骨を供養し管理することをいいます。
阿彌陀寺ではお墓参りをしてくれる人がいない、またお墓参りに行けない方に代わってご遺骨を当寺院が供養致します。

次のような方が永代供養を選択されています。
  • 独身の方。
  • 子供やご家族へお墓の継承ができない方。
  • お墓(暮石)に費用をかけず、子供にお金を遺してやりたい方。
  • 子供や家族に墓守の苦労をさせたくない方。
  • 海外など遠方にお住まいでお墓参りのできない方。

永代供養一般的な供養の違い

永代供養とはご遺族に代わり寺院、霊園がご遺骨を管理し冥福をお祈りする供養の方法のことです。
墓石を建てる一般的な供養との違いをよくご質問として頂きますのでここでご説明したいと思います。

1無縁墓となる心配がいりません。
独身の方、お子様のおられないご夫婦などご自身がお墓に入られた後、無縁墓となる心配をされる方がいらっしゃいます。当寺院の永代供養は阿彌陀寺が管理する納骨堂内へご遺骨を安置し供養いたします。ですから、お墓参りをされるご家族がおられず、お墓が荒れてしまう、いわゆる無縁墓となる心配がいりません。 既にお持ちのお墓を引越しし、永代供養に切り替える(改葬・墓じまい)場合はこちらの記事を参照ください。

2永代供養はご遺骨の供養や管理をお寺、霊園に任せられる。
上の項目でも触れましたように、一般的なお墓との最も大きな違いはご遺骨の供養と管理をお寺に任せられるということです。お墓の場合、日々の清掃や法事はご遺族が中心に行います。一方で永代供養の場合は遺骨の管理、法事※1を全てお寺、霊園に任せることができます。海外など遠方にお住まいで頻繁にお墓参りできない方なども永代供養を選択されています。 ※1供養の回数や頻度は決まっている場合が多く、故人の命日など個別に供養が必要な場合は費用が別途必要になります。当寺院の場合も年間法要と同時にご供養いたします。阿彌陀寺の年間法要についてはこちら

3お墓を建てるより費用が抑えられる。
永代供養は通常、合祀墓ごうしぼ、モニュメントや記念碑などの下に遺骨を分けず合祀ごうしします。合祀とは他のご遺骨と一緒に祀るまつる埋葬方法のことです。
当寺院、阿彌陀寺でも合祀墓ではありますが、他のご遺骨と混じることがないようそれぞれ納骨袋に安置し供養いたします。
合祀墓は単独墓のように個別に墓石を建てることがないため費用を抑えることができ子供にお金を遺してやりたい等の理由で永代供養を選択される方もいらっしゃいます。
#阿彌陀寺の永代供養の特徴
永代供養とはご遺族に代わり当寺院がご遺骨を管理し冥福をお祈りする供養の方法のことです。ここでは阿彌陀寺の永代供養の特長を列挙しています。
#宗教・国籍不問
宗派や宗旨、国籍を問わず万霊平等の立場でご供養致します。
#個別納骨
ご遺骨は納骨堂で合祀されますが、納骨袋で個別に安置され他のご遺骨と混じることはありません。
#生前予約承ります
ご希望の方は入壇(契約)の際、連絡者一名併記し、お申し込みください。
#多霊の改葬でも
費用上限あり
多霊の改葬(墓じまい)でも冥加料の上限30万となります。
※ 入壇・位牌開眼供養料別途5〜10万円

#阿彌陀寺の永代納骨供養
お骨壷は精霊明記の上、納骨堂の地下に合祀されますので、他のご遺骨と混じることはありません。その後原則七年(延長・短縮自由)をもって奥之院霊廟おくのいんれいびょう内の結界された桜御陵「阿彌陀浄苑」さくらごりょう あみだじょうえんへ白木綿製納骨袋に移し、個別散骨により自然の土へとお還し致します。浄苑では平等往生・倶会一処の象徴「心経念佛塔」を奉祀ほうしし、宗派・教派に偏らず本院に位牌按置し、墓碑(誌)へは刻銘しません。
永代納骨供養堂
聖徳地蔵大菩薩
永代供養合祀(多霊)位牌(左)永代供養個別位牌(右)
位牌が安置され
永代供養が勤修される本院内陣

阿彌陀寺では三種類のご供養をご用意しています。

                       
1.納骨(個別)・永代供養(生前予約含む)
#
納骨とはご遺骨を納骨堂内に安置することをいいます。 また、ご遺骨を納める施設を納骨堂といいます。「納骨・永代供養」は納骨し永代供養を行う供養となります。 生前予約は希望する供養方法などご本人が生前のうちに決めてあらかじめ依頼しておくシステムのことです。
冥加料
10万円(一霊)
                          ※ 入壇・位牌開眼供養料別途5万円
(「阿彌陀浄苑」奉祀料含)
2 .改葬(墓じまい)
#
改葬とはお墓、納骨堂などに安置した遺骨を別の納骨堂などに移すことをいいます。墓じまいということもあります。
冥加料
10万円(一霊)/上限30万円(多霊)
                          ※ 入壇・位牌開眼供養料相談の上別途5〜10万円
墓じまいについて
3.永代供養
#
                          納骨を伴わない永代供養のみの供養となります(先祖/故人)。
冥加料
5万円(一霊)/上限20万円(多霊)
※ 入壇・位牌開眼供養料別途5万円
但し1.納骨(個別)か2.改葬へ移行時「阿弥陀浄苑」奉祀料含めて要相談
永代供養について

#三種類のご供養があります

阿彌陀寺永代納骨供養堂入壇(契約)時に必要なもの
□ ご印鑑
□ 納骨(個別)・永代供養・生前予約等冥加料および入壇・位牌開眼供養料
□ 身分証明書(免許証、健康保険証、住民票等 コピー可)
□ ご予約者以外の連絡者を必ず1名
生前予約(契約)の方が亡くなられた場合に、阿彌陀寺へご連絡、奥之院霊廟へ納骨をしていただく方になります。 ご予約(契約)者より若い方でお願いします。
□ 火葬証明書
□ 改葬許可証
ご入壇(契約)時に申込書をご記入いただき、冥加料・供養料は現金または払込取扱票を郵送しますので、ご献納ください。献納確認後「永代納骨供養証明證」、生前予約の方は「永代納骨供養生前予約証明證」、永代供養の方は「永代供養証明證」を発行します。

阿彌陀寺のご供養の手順

FLOW1死亡診断書または死体検案書の用意
医師が発行する「死亡診断書」または警察の検視後に発行される「死体検案書」を用意します。
「死亡診断書」の左半分が「死亡届」になっているので
記名・捺印して7日以内に提出しましょう(戸籍法86条)

#

FLOW2死亡届火葬許可申請
市区町村役所に死亡後7日以内に届け出、同時に火葬許可申請をします。

#

FLOW3火葬許可証
市区町村の役所で交付されます。

#

FLOW4火葬許可証に「火葬済み」の印が埋葬許可証となります
「火葬許可証」は1通なので、分骨するときは分骨数分、火葬場から
「火葬証明書」(「埋葬許可証」)を発行してもらいましょう。
「墓地、埋葬に関する法律(略して墓埋法)3条」により死亡後24時間は火葬できない。
また、埋葬許可証は5年間保管の義務があります。

#

FLOW5火葬許可証を阿彌陀寺に提出し、納骨許可証の発行を申請してください
阿彌陀寺奥之院霊廟 永代納骨供養堂ご入壇(契約)料献納確認後、「永代納骨供養証明證」発行を致します。
入壇・位牌開眼法要並びに納骨法要勤修日は「永代納骨供養証明證」発行時通知致します。

永代納骨・永代供養(生前予約含む)、改葬(墓じまい)ご希望の方は申込書に入壇時必要なものを揃え申込みください。ご不明な点はフリーダイヤル0120-80-5611にお問合せいただければ、具体的な事項を明記して送付致します。 申込書ダウンロードはこちらから

阿彌陀寺永代納骨供養堂入壇(契約)時に必要なもの
□ ご印鑑
□ 納骨(個別)・永代供養・生前予約等冥加料および入壇・位牌開眼供養料
□ 身分証明書(免許証、健康保険証、住民票等 コピー可)
□ ご予約者以外の連絡者を必ず1名
生前予約(契約)の方が亡くなられた場合に、阿彌陀寺へご連絡、奥之院霊廟へ納骨をしていただく方になります。 ご予約(契約)者より若い方でお願いします。
□ 火葬証明書
□ 改葬許可証
ご入壇(契約)時に申込書をご記入いただき、冥加料・供養料は現金または払込取扱票を郵送しますので、ご献納ください。献納確認後「永代納骨供養証明證」、生前予約の方は「永代納骨供養生前予約証明證」、永代供養の方は「永代供養証明證」を発行します。
申し込み書類・遺骨郵送先
極楽山 阿彌陀寺(ごくらくさん あみだじ)
〒707-0412 岡山県美作市古町1384番地

FLOW6入壇・位牌開眼・納骨
本院にて入壇・位牌開眼法要、永代納骨供養堂にて納骨法要を行います。
納骨についての時期は「墓地、埋葬に関する法律(墓埋法)」上も決まりありません。

奥之院霊廟「永代納骨供養堂」入壇(契約)要項

# 入壇(契約)ご希望の方は本要項をお読みの上、必要書類を用意し、冥加料・供養料を添えてお申し込みください。冥加料献納確認後「永代納骨供養証明證」、生前予約の方は「永代納骨生前予約証明證」、永代供養の方は「永代供養証明證」を発行し、同時に入壇・位牌開眼並びに納骨供養日をご連絡致します。尚、各種「証明證」をもって寺納証としますので、大切に保管ください。

# 宗教・国籍は問いません。

# 当寺院執行の法要及び勤行に併修し供養されます。但し年忌(回)法要に該当する精霊については、個別に案内し、申込みの精霊を特別に供養しますので、冥加料は別途お願いします。

# 納骨(個別)・永代供養、改葬(墓じまい)、永代供養の三種の供養があります。

# 入壇(契約)時各精霊毎過去帳に謹書の上個別に位牌を開眼し本院に奉安します。但し当寺院は精霊の法(戒)名を撤廃し、万霊平等の立場で供養を俗名に準じて勤修していますので、法(戒)名料・維持費・管理料は不要です。

# 生前予約が可能ですが、ご希望の方は入壇(契約)の際、連絡者を一名併記してください。尚位牌には朱文字を入れて安置します。

# 来院困難な方は、冥加料・供養料献納確認後、ご遺骨の郵送が可能です。

# 原則七年後(自由に延長・短縮可)奥之院霊廟内桜御陵「阿彌陀浄苑」に個別散骨奉祀します。それ以降の、ご遺骨返還は応じかねます。

# 既納の冥加料・供養料は返納致しませんのでご了承ください。

© 2020 極楽山阿彌陀寺