極楽山阿彌陀寺

0120-80-5611 受付時間 9:00~16:00(日曜除く)

お釈迦様

0120-80-5611受付時間 9:00~16:00(日曜除く)
納骨・永代供養・墓じまいの
極楽山阿彌陀寺(ごくらくさんあみだじ)お問い合わせはお気軽に

0120-80-5611受付時間 9:00~16:00(日曜除く)

0120-80-5611受付時間 9:00~16:00(日曜除く)

墓じまい

改葬に必要な許可と手順のまとめ

改葬イメージ

様々な事情により墓じまいを行い、永代供養などに改葬される方が多くおられます。今回は、改葬に必要な許可や手続きの方法をまとめました。

そもそも改葬ってどういうこと?

改葬とは、今あるお墓を撤去して更地にし、遺骨を別の墓地に引っ越しさせて供養することを言います。

 

昨今、改葬を行う方が年々増加しています。何故増加傾向にあるのでしょうか。その背景には、少子化と核家族化があげられます。昔は大家族が主流でしたが、近年は核家族化も進み、一部地域に人口が集中するようになりました。「引っ越しにより、お墓が遠方になってしまいお墓参りを定期的にすることが難しくなった」という理由から引っ越し先付近に改葬する方が増えました。また、少子化により「お墓を引き継ぐ者がいない」という理由で改葬される方も増えています。継承者がいないままお墓を放っておくと無縁墓(お墓参りをする人がいないお墓)になってしまいます。そうならない為にも改葬を行う方が増えているのです。

 

ちなみに、改葬と良く似た「墓じまい」という言葉がありますが、何が違うのでしょうか?
「墓じまい」とは、お墓の遺骨を取り出し今あるお墓を撤去する事で、「改葬」はお墓を撤去し、そのあと別の墓地に遺骨を移動させることを指します。

改葬に必要な手続きとは?

それでは改葬の一般的な流れをご説明します。

 

1改葬先を決める
まずは、納骨先の墓地を決めます。その際、お墓を設けるのか永代供養にするのかなど、供養方法も決めておきましょう。改葬先が決まったら、改葬先の墓地の管理者から「受入証明書(永代使用許可書)」を発行してもらいます。
2現在のお墓の管理者から埋葬証明書を発行してもらう
現在使用しているお墓の管理者に改葬をしたい旨相談し、「埋葬証明書」を発行してもらいましょう。のちのちのトラブルの原因にもなりますので、檀家を離れるのかどうか等しっかりと話し合って合意を得ておきましょう。檀家を離れる場合は「離檀料」が必要です。お世話になった期間やお寺の格によって変動しますが、一般的に3万円~10万円が相場で多くても20万円までとされています。
寺院や霊園によっては離壇料を要求しないところもありますが、逆に高額な離壇料を請求してくる寺院や霊園もあるので相場をしっかりと把握しておく必要があります。
3改葬許可申請書の作成
現在お墓のある都道府県の市区町村役所で「改葬許可申請書」をもらい作成します。ホームページでも申請書のダウンロードが可能なところが多いです。各市区町村で申請フォーマットが違うので注意が必要です。「改葬許可申請書」は遺骨1体につき1枚必要なので、納骨する遺骨の数だけ申請書が必要です。
現在のお墓の使用者と改葬許可申請書の申請者が異なる場合は、「改葬承諾書」を使用者から発行してもらう必要があります。
4改葬許可証の発行
現在お墓のある都道府県の市区町村役所に「受入証明書(永代使用許可書)」、「埋葬証明書」、「改葬許可申請書」必要であれば「改葬承諾書」を提出し、「改葬許可証」を発行してもらいましょう。発行してもらった「改葬許可証」を改葬先の墓地の管理者に提出します。
書類手続きをしている時間のない方は行政書士に依頼する事も可能です。費用は5~10万が相場のようです。
5撤去作業を依頼する石材店を決める
お墓を撤去する為には石材店に依頼する必要があります。お墓を更地にするのにかかる費用相場は1平方メートルあたり10万円前後、一基あたり20万円~50万円です。墓石の量や立地条件によって追加料金がかかる場合もありますので事前に確認するようにしましょう。また改葬先にお墓を建てる場合は一緒に依頼すると良いでしょう。
6墓じまいをする
「改葬許可証」が発行されたら、遺骨の移動作業を行いましょう。依頼しておいた石材店に今あるお墓の撤去をしてもらいます。その際、お墓に宿っているご先祖の魂を抜いて墓石をタダの石にする「閉眼法要」「魂抜き」という儀式を僧侶や住職に行ってもらいます。費用相場は~5万円程度が一般的と言われています。
7改葬先へ納骨する
改葬先に納骨する際に、先祖の魂を入れる「開眼法要」「お根性入れ」という儀式を行います。費用相場は閉眼法要と同様~5万円程度ですが、先祖多霊の場合は別途相談となるケースがあります。
改葬先へお墓を建てる場合は、墓石や墓石の設置費用、年間の使用料や管理料がかかります。また、近年はお墓の継承を前提としない永代供養墓を選択される方が増加傾向にあります。背景には序盤でもお話しましたが少子化により「お墓を継承する人がいない」という問題が挙げられます。永代供養墓にすれば、契約時に初期費用はかかりますが、その後の供養など全てのお墓の管理業務を私たちに代わって寺院や霊園が責任を持って行ってくれます。永代供養墓にも種類があり、下記に列挙しました。

合祀墓
永代供養墓の中に他人の遺骨と共同に祀られるお墓のことを言います。1つのお墓を複数で共有する為、お墓の使用料は個別にお墓を持つ場合に比べて安価です。契約時に初期費用として永代供養料を払えば管理費等の維持費はかからないので経済的な負担はかなり抑えられます。永代供養料の相場は~10万円程度です。その他必要な費用はお布施や戒名料です。

集合墓
納骨室や納骨堂などの安置場所(スペース)に遺骨を骨壺に入れて安置します。納骨堂にも色々なタイプがあり、費用も異なります。費用相場は10万円~100万円のようです。

樹木葬
墓石ではなく樹木を墓標としたお墓のことを言います。墓石と同様に遺骨を合祀することもできますし、個別に埋葬することも可能です。埋葬方法によって変動がありますが費用相場は5万円~80万円のようです。

改葬をする際の注意点

トラブル回避の為にも、下記注意点をしっかりと認識しておきましょう。

事前に親族で話し合う
改葬を行う前に必ず親族間での話し合いの場を設けましょう。改葬先の遺骨の供養の方法など細かいことまできちんと協議し、賛同を得た上で改葬を行うことで親族とトラブルになることもありません。

改葬元の寺院や霊園とコミュニケーションをしっかりと取る
「改葬元の寺院や霊園に改葬の為に墓じまいをすると伝えたら高額な離壇料を請求された」というトラブルが起こる場合があります。寺院や霊園に相談をしないまま墓じまいをして改葬を決行してしまうと、そのようなトラブルに発展しかねません。まずは寺院、霊園としっかりとコミュニケーションを取りながら改葬を進めることが大切です。そもそも離壇料とは、今までご先祖様を供養していただいた事によるお礼としてお布施を包むことなので、寺院、霊園側から金額を指定して請求するということは本来有り得ません。話し合いをしても折り合いがつかない場合は、行政書士や弁護士に相談するという方法もあります。

石材店を見極める
石材店もしっかりと選ぶ必要があります。悪質な業者を選んでしまうと、高額な撤去費用を請求されたり、撤去作業が荒く撤去途中にまわりのお墓を破損させてしまったりします。また撤去した墓石を不法投棄する業者もいますので事前にしっかりと石材店をリサーチしておきましょう。

永代供養・墓じまいに関することならお気軽にお電話ください。

  • 永代供養に関するご相談
  • 墓じまい・改葬に関するご相談

お客様相談窓口 受付時間 9:00~16:00(日曜除く)

通話無料0120-80-5611

お急ぎの場合もお気軽にご連絡ください。
初めての方でもわかりやすく丁寧にご説明いたします。

© 2020 極楽山阿彌陀寺